週刊SE日記-米国株にアーリーリタイアの夢を託して-

東証一部上場企業勤務の若手SEが日々の雑感、お金のことについて語るブログです

人口が増え続けるっていう理由で米国株買っているのにタバコ株を買う矛盾

今気づきました。

 

私が米国株を買う理由というのはとても単純でした。人口増加国であること。米国株=世界経済であること。

 

しかし拾っている個別銘柄は違いました。フィリップ・モリスやブリティッシュアメリカンタバコです。喫煙人口はそもそも減少傾向です。米国株購入理由と矛盾しています。なぜ買ったのか?

 

株式投資の未来でのパフォーマンスランキングに踊らされていると思います。フィリップモリスが首位だったから。それだけです。

 

今後はダウの犬投資法に忠実に動けるようにしないといけないと思いました。