S&P500最高値更新日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが米国株が最高値更新する様子、お金のことについて語るブログです

IBMとフィリップモリスの決算

今週はIBMフィリップモリスの決算発表がありました。結果は良かったです。

 

IBMは決算後小幅上昇し、150ドル回復を伺っています。フィリップモリスは圧倒的な爆上げ、8パーセント超の上昇と90ドル回復が見えてきました。フィリップモリスの決算につられてかブリティッシュアメリカンタバコも急騰しました。

 

一気に10万円近く資産が増え、株式運用資産額は580万円になっています。

NYダウ27000ドル突破、30000ドルも時間の問題か

NYダウが無事27000ドルを突破しました。史上最高値なのでこれまでの購入者はもれなく勝者となっています。

 

ここからは30000ドルへの展望です。

今世界には米中貿易戦争、イラン問題、北朝鮮Brexitなど数々の火種がくすぶっています。短期的な押し目はこれからも何度か訪れるでしょう。しかし来年はなんといっても大統領選です。トランプ勝利となれば30000ドルは確実に捉えてくるでしょう。その前に民主党の候補者指名結果や世論調査を受けて年末にかけて先に30000ドルを達成する可能性すらあります。なんせあと11パーセントのところまで来ていますからね。

S&P500 3000ポイント達成へ

S&P500が夢の3000ポイントまであと少しと迫っています。1パーセントと少しの上昇で達成です。時間の問題です。ここまでくると今週中の達成があるのかないのかそれが問題です。

 

3000ポイントを達成すると目先の心理的障壁はなくなり青天井状態です。雲の上をフワフワと浮かぶようです。楽しみですね。

アッヴィの急回復とUberとフェイスブック

アッヴィがアラガン買収発表に伴う暴落から回復しています。よかったよかった。まずは心理的節目となる70ドルを回復したようです。配当利回りとしてはまだまだ魅力的ですから引き続き検討対象としていきたいです。

 

続いてUberについて。IPOのときに指値42ドルで少額購入していました。昨夜に46ドルを超え10%の利益となっています。Uberはフォードのように人類史の中でのモータリゼーションを塗り替える企業になると思っていますので、もう少しホールドします。

 

そしてフェイスブック。リブラです。マークザッカーバーグ公聴会に呼ばれ株価が底を打ってから急回復しています。世間はリブラに対し半信半疑ですが、株価は最高値更新を視野に入れてきています。私の基本理念として世界は統一化されるというものがあるので、通貨の統一というのは必然ではないかと思っています。ユーロが良い例ですね。リブラは人類2番目の統一通貨になるかもしれません。なお1番目は金です。PERも25倍とそこまで高くなく、リブラが成功すれば時価総額世界一が約束されており、マークザッカーバーグはまだ若い。みんながAmazonを買いかぶっている今こそアメリカの大統領選をも操作したその力を示すときではないでしょうか。

ゼネラルミルズも大暴落

昨夜のアッヴィに続きゼネラルミルズも目下大暴落しています。どうやら北米でのスナック菓子の売れ行きが芳しくない模様。前日比7%の下落です。

 

不運が続いています。

 

夏のボーナスがあるので買い増しの好機とも捉えられますが、インデックスにはっておけばこんなにも悲しい思いをすることもなかったのだと感じます。

 

感情のないインデックス投資か山あり谷ありの個別株投資か、思案が続きます。

アッヴィ、アラガン買収で大暴落

とんでもないニュースが飛び込んできました。つい2週間ほど前に私が買ったアッヴィがアイルランド製薬大手アラガンを買収するようです。6兆円超えのビッグディールです。やられました。

 

株価は15パーセント超の大暴落をしています。ついてないですね。せこせこ貯めてきた資金が一夜で吹き飛び、冷や汗なのか涙なのかがすーっと頬をつたいます。

 

こうなったからには夏のボーナス全力もありかもしれませんね。