週刊SE日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが日々の雑感、お金のことについて語るブログです

ありがとうシスコシステムズ

さりげなく今月初めから保有していたシスコシステムズが、なんと年初来高値を更新しています。理由は簡単でかなりの良決算を出した模様。マーケット全体が下がる中で、異例の5パーセント高でした。ポートフォリオ全体への影響は微弱でしたが、評価損を出していたPMの損失を埋めてくれています。

 

心を込めて言いたいです。ありがとうシスコシステムズ、と。第2のIBMの呼び声高いけど、違ったみたいだね。ごめんね。これからもよろしくね。大好き!

喫煙者が財布に見えてきた

以前少し触れましたが私はフィリップモリスの株を持っています。ザックリ7000ドルくらい。なので四半期配当が5000円くらい税引後で入ってきます。これぐらい入ってくると、喫煙者がとても愛くるしい存在に思えてきます。愛煙家のみなさんが好きです。彼らが一本タバコを吸うと、大体23円でそのうちタバコ税が半分くらいで残りがPMに入ります。小売店のマージンやら原価やら色々考えますが、難しい計算は置いといて、とにかく喫煙者は私の財布なのです。

 

ありがとう。これからもタバコをたくさん吸って私にお金を渡してください。

 

以前は喫煙者はヤニカスとして死滅すべき存在と思っていました。しかしPMの株主となってからは、とても優しい気持ちで歩きタバコをするおじさんを眺められるようになりました。個別銘柄への投資にはこんな意外なメリットがあったんですね。

満員電車は現代の奴隷船です

黒人貿易の奴隷船の絵を見たことありますか?世界史の教科書に載ってる人間がガチガチに詰まっているあれです。あれよりもガチガチに詰まっているのが21世紀の奴隷船こと、東京の満員電車です。

 

こちらも大量の奴隷を輸送しています。

 

さて、当時の黒人奴隷と現代の日本人のどちらが幸せなのでしょうか?

 

当時の黒人奴隷の奴隷船は片道1回きりだったはずです。軽く1ヶ月くらいの乗船期間でしょうか。

 

対して日本の奴隷はどうでしょうか?40年間の勤続年数、年間250日程度の勤務です。控えめに往復1時間の満員電車として、通算10,000時間の乗車です。24時間で割って416日です。

 

我々は黒人奴隷の10倍以上奴隷なのですね。これは凄いことです。よく社会体制が維持できています。日本人は馬鹿なんですねきっと。

 

社畜を脱出することは、人生の目的に他ならないでしょう。他の目標なんて不要ですね。奴隷解放宣言は誰も言ってくれませんから。

金の卵を産むガチョウを探そう

言うは易し行うは難しです。

金の卵=配当なのですが、なかなか良いものが見つかりません。

 

ガチョウは肉にして食べてしまうと、翌日から卵は得られません。一方でガチョウをずっと飼って卵を獲得し続けると、ガチョウはいつか卵を産まなくなり死にます。

 

ガチョウは卵を産ませつつ、肥え太らせて、クリスマスに肉にするのが1番でしょう。

 

アメリカ株の話に戻ります。

 

インカムゲインキャピタルゲインのバランスを保つ必要があるでしょう。過度なインカムゲイン重視もキャピタルゲイン重視も気をつけなければなりません。

 

大切なのは卵も肉も獲得することなのです。

物価が上がって生活が苦しいとかいう寝言

アベノミクスの恩恵が庶民に行き渡っていないようです。それもそのはず、実質賃金はマイナスで、年金も目減りしています。円は下落して輸入物価は高騰、質の悪い外国人観光客が増えてきて街は汚れるばかりです。

 

しかし冷静に考えると、日経平均株価は奇跡の16連騰を遂げ、ドル円も113円に到達。

ロンガーなら確実に利益が出て笑いが止まらなくなっている局面でしょう。

 

世間一般の人間はインフレ耐性がないのでしょうか?

 

株、不動産、債券、コモディティどれを取ってもインフレ対策になるでしょう。なぜ買わないのか?

 

買えば全て解決します。物価が上がって生活が苦しいとかいう寝言はもう発しなくて済むのです。年金の不安も解決です。自助努力の無さを恥じてもらいましょう。

 

選挙

本日はいよいよ運命の選挙ですね。世論調査の結果を見る限りでは、既に結果が分かりきっていますが、開票結果が出るまでは全て未確定です。

 

大事なのは選挙後の株価変動です。

金曜日にダウがかなり上げていますから、週明けも寄りは強いはずでしょう。ただし、選挙結果を受けた材料出尽くしの売りには注意が必要です。与党陣営のコメントを手掛かりに動きの激しい一日になりそうです。

 

現在14連騰中の日経平均ですが、15連騰は五分五分に感じます。達成するとしても日銀砲発動かもしれません。

 

全ては明日わかるでしょう。

働きたくない男たちへ

働かない生き方って出来ないものですかね?

 

私は可能だと思っています。お金さえあれば。

 

退職願望を語ると必ず、人間が腐敗するとか暇を持て余すとか、社会とのつながりが〜とか反証を述べる人間がいるのですが、いらん世話なのですね。そもそも腐敗した人間ですし、暇なことが幸せでしょう、そして社会とのつながりはストレスの根源。

 

次に多い反論がお金はどうするのだ?という指摘。これは非常に的を射ていると思います。しかし、米国株に投資し続けていれば必ず利益は膨らみ、早期退職可能な水準に達するでしょう。保守的な予想でも、50歳までには5000万になります。

 

こうなってくるといよいよ達成可能なものに見えてきましたね。みなさんも目指してみてはいかがでしょうか?