週刊SE日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが日々の雑感、お金のことについて語るブログです

運転免許という必要悪について

運転免許って必要ですかね。実は完全自動運転がもう目と鼻の先まで来ています。公道試験のニュースは月に一回はみてますよね。法律が遅れているので実現できていませんが、完全自動運転になれば免許はおろかドライバーすら不要だと思うのです。

 

私は普通自動車運転免許をもっています。更新もしており、すでにゴールドです。しかしほとんど運転していないので、免許を取ったことについて後悔しています。なぜなら免許を取得するのにかかったコストがあまりに大きかったからです。

 

まず金額です。ざっと25万くらいかかったと記憶しています。軽くヨーロッパいけますね。

 

続いて時間です。1人月近く消化しました。私は合宿免許だったのですが、15日間休みなく通っていました。試験も拘束時間長いですから、15日プラス1日くらいでしょう。これも軽くヨーロッパいけますね。

 

つまり軽くヨーロッパいけるくらいに、お金と時間を消化するのが運転免許です。25万円で10日間ヨーロッパを巡ると、軽く3都市はいけます。ウィーン→プラハブダペストコース、ロンドン→パリ→マドリードコース、ローマ→アテネイスタンブールコースなどなど。運転免許が若者のこれほど貴重な体験を放棄してまでとるほどのモノとは思えませんね。

 

もちろん無免許運転が溢れることは絶対にあってはならないことです。しかし完全自動運転が実現している以上、国家として法整備を急ぎ、若者の人生の貴重な体験を奪うべきではないでしょう。

 

しかし、教習所や免許センターの利権があるので、日本はこれから先も何も変わりません。

いよいよ世界同時株安へ

売りが売りを呼んでいますね。昨日のニューヨークは持ちこたえましたけど、あのNVDAが続落しました。リーマン明け大相場のスター銘柄の一角が、ついに崩れ去りました。

 

この流れがテスラやネットフリックス、フェイスブックやアマゾンに波及するかどうかが最大の注目点です。

 

すでにFANGの中でGoogleがやられています。NVDAの崩れがアマゾンに波及すれば間違いなくナスダック総崩れとなるでしょう。

 

ナスダックの崩れはアメリカ市場全体に影響し、そして世界同時株安へと移るでしょう。暴落、調整局面は近いです。

 

しかし我々にできることは1つしかないです。それはJNJやXOMのようなディフェンシブ銘柄に投資することです。

戦争は買い

いよいよ米朝開戦ですかね。相場的にも開戦不可避な様相を呈してきました。不道徳な私は自分のお金が増えるのなら戦争もやむなしと思っています。

 

果たして本当に戦争で株は上がるのでしょうか。

 

昨日の米国株は大荒れでNVDAなんかは時間外含め10%安です。IT総崩れ、大型も総崩れでした。ここで仕込めるとその後のリバウンドで大儲けなのですが、いかんせんキャッシュがありません。

 

借り入れしてでも買い向かうべきでしょうか…

収入を超える貯蓄はできない

収入を超える貯蓄はできません。当たり前の話ですね。しかしこの当たり前の話が実は難しいです。年間収支がプラスなのは当然として、月間収支となるとマイナスの人も多いはずです。ボーナスで補填しているパターンですね。実際私も月間収支マイナスが四半期に一度はあります。

 

 投資家としての成功には安定したキャッシュフローが必須で、サラリーマンの月間収支は例えるなら営業キャッシュフローです。皆さんは営業キャッシュフローがマイナスの会社に投資できますか?

 

できないですよね。投資キャッシュフローやフリーキャッシュフローならまだしも営業キャッシュフローマイナスだけは無理です。

 

月間収支で出たお金を貯蓄に回す、これが投資キャッシュフローです。つまりこれはマイナスが普通。どんどん投資しましょう。

 

キャッシュフロー改善して良い人生を送りましょう。

 

 

物より株が欲しい

物欲がめっきりなくなってきました。社会人生活も長くなってくると一通りの物がそろい、そろそろ何もいらなくなります。スーツ、時計、メガネ、iPhoneMacBook、大型テレビ、ルンバ等々通り一巡のものを取り揃えてしまいました。これらのものは確実に生活を豊かにし、日々の満足度を向上させてくれています。

 

しかし最近は新たに物欲を掻き立てるものがありません。4Kテレビや自動車、最新のスマートフォンがトレンドでしょうが、全く興味がもてません。それらより、株が欲しいです。そしてその理由も明白です。

 

 

物はキャッシュを生み出しません。

 

ソフトバンクの決算発表にて金の卵を産むガチョウの話がありました。株はまさしくこれです。配当という金の卵を産み、キャピタルゲインという形で丸々と肥え太る。肉にして食べてもいいし、卵を産まなくなるまで飼ってもいい。

 

それに対して、物は何も生み出しません。効用をもたらしてくれますが、その効用が小さくなっています。収穫逓減し、限界効用が株式配当利回りを下回ったのです。

 

配当利回りを上回る効用を提供してくれる物の登場が待たれますね。

JNJ

米国株ブログの回覧を続けていると、気づくことが非常に多いです。その中で特徴的なのが、ジョンソンエンドジョンソンをみなさんが持っていることです。

 

ジョンソンエンドジョンソンといえばヘルスケアセクターの巨人です。財務100点、配当90点、成長性70点といった具合。増配も50年以上。無敵のインカムゲイン銘柄です。

 

みなさんが購入されるのも納得です。私も近いうちに購入します。ただしひとつだけひっかかることがあり、みんなが持て囃し過ぎている気がします。人の行く裏に道あり花の道といいますが、完全に表の道になっています。吉と出るでしょうか?

株価は裏切るが配当は裏切らない

株価は予想を裏切ります。いい意味でも悪い意味でも。しかし配当は裏切りません。よほどの減益がない限り減配はないですし、増配はちょくちょくやってくれます。

 

トービンのqにもあるように、配当は株価の決定因子です。しかし株価は配当の決定因子とはなり得ません。従って配当をターゲットに投資をすると、資産計画もたてやすいです。先日のシミュレーションも配当メインで行いました。

 

夏枯れ相場ですが、米国株では四半期毎の配当も近いです。早めの動き出しをオススメします。