週刊SE日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが日々の雑感、お金のことについて語るブログです

フィリップモリス購入資金捻出について

フィリップモリスが歴史的大暴落し、絶好の買い場が到来しています。

しかし資金がありません。

 

ここ数ヶ月キャッシュフローは赤字続きで、夏のボーナスまで資金がありません。きつい。

 

利回りの低い銘柄を売却し、フィリップモリスに切り替えるか検討しています。

 

しかし利回りの低い銘柄は JNJのみ。

ジョンソンエンドジョンソンも7パーセント近い増配があるでしょうから安易には切れません。

 

うーん、悩ましい。悶々と苦悩する日々が続いています。

フィリップモリス大暴落もむしろ絶好の買い場到来

昨晩フィリップモリスが歴史的大暴落しました。決算前の上昇が鈍いと思って期待していたら、あれは嵐の前の静けさだったということです。

 

あら、不思議。朝起きたら含み益がなくなっているわ。ということです。

 

配当利回り5パーセント水準まで暴落しましたからベライゾン並の投資妙味です。

ただの買い場なのでここから積極的に買い増しましまししたいと思います。

PM様の出番です

米国株擬人化シリーズ第三弾はフィリップモリスです。本日決算発表です。

 

BMOですから夜になれば結果がわかります。

 

 JNJ、IBMと材料出尽くし売りの犠牲になりましたが、PMについては大丈夫だと思っています。理由は簡単。

 

全然決算上昇期待受けてないから。

 

これに着きます。IBMなんかは露骨に上げてました。前日には久々の160ドル回復していましたから。その点フィリップモリスは全くのヨコヨコ展開。期待の低さが現れています。

 

私は密かにフィリップモリス様にこうした舐め腐った投資家たちの目を覚まさせる強烈な好決算を期待しています。

 

今晩に期待です。

IBM良好な決算も時間外で急落

IBMの決算が発表されました。私が昨年冬のボーナスを全力投球していましたが、報われなかったようです。

 

決算の内容は良かったです。予想を概ね上回り、期待に応えてくれました。ただし事前の期待が高まっていた分、ポジティブサプライズが不足した感が否めません。この結果を受けて時間外で急落しています。

 

お金がないので買えませんが、絶好の買い場にみえます。手元キャッシュがないのが非常に残念です。

さあJNJきみも出番だ

米国株擬人化シリーズ第2弾!

ジョンソンエンドジョンソンです。

 

IBMは本日AMCで決算発表ですが、JNJはBMOです。寝る前に結果がわかります。期待大です。今宵の寝つきはJNJ様にかかっています。

 

JNJは基本的に好決算連発銘柄のイメージです。増配も強めです。連続増配年数も長いですし、配当性向も抑えられています。非常に安心してみていられますね。

 

昨日決算上昇期待で買われたので、材料出尽くしとならないか心配ですが、IBMの前に食前酒といきましょう!

さあ、IBMよ!目覚めの時だ!

いよいよIBMの決算が明日に迫っています。AM Oとのことなので、実態は水曜の朝に知ることになりそうです。楽しみですね。

 

眠れる獅子、永遠の不発弾、ダウのお荷物、バフェットが出したゴミ、クソ株など色々言われてきましたが、いよいよ汚名返上です。

 

今回の決算でさっくりと予想を上回り、増配し、成長見通しを見せることで株価も簡単に200ドルに達することでしょう。完璧なシナリオです。200ドルを回復した暁には私の資産も500万円達成がみえます。

 

賽は投げられました。いよいよ勝負のときです。

IBM決算に向けて視界良好!

IBMの決算が来週火曜に迫っています。このところ株価はジリ高傾向で160ドル回復を伺う勢いです。これは単純に投資家が好決算を期待して先回りしているからに他なりません。噂で買って事実で売るという事ですね。

 

さて、その決算ですが、今回の決算でIBMには復活が求められています。前回の決算で減収に歯止めをかけましたが、今回はそれに磨きをかけ完全復活を印象づけること、そして何より大幅増配が期待されます。

 

永遠の不発弾の異名の通り今回も不発になるのか、はたまたこれまでの投資家のナンピン買いに報いることとなるのか。今から決算が待ち遠しいですね。