週刊SE日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが日々の雑感、お金のことについて語るブログです

シスコシステムズ期待に違わぬ好決算で急騰

ついにやってくれました!

 

今期の決算は発表前上昇→材料出尽くし売りのパターンが非常に多かったのですが、最後の切り札だったシスコシステムズがこのパターンを崩してくれました。

 

昨夜取引終了後に発表された決算が好感され時間外で圧倒的な急騰をしています。直近高値更新もほぼ確定でしょう。

 

 あわせて増配も発表され、4月から14パーセント増えます。すごい増配率です。

 

英語の決算は読めないので詳細は分かりませんが、急騰しているのを見る限り間違いはなさそうです。 

ありがとうシスコシステムズ

 

生活保護の人間がバラ売りのタバコを買う話

生活保護受給者がバラ売りのタバコを買う話を聞いたことがあります。大阪の話です。

 

バラ売りって何だよって話ですが、カートンをバラして箱で売ってるからバラ売りではありません。一本30円とかの単位です。つまり本数単位の話です。

 

タバコとは、そのレベルまでお金切り詰めてる人たちが、そこまでして吸いたいモノなのです。この話を聞いた時、比較的健全に育てられ、汚れたものを見たことがなかった私には、信じがたい衝撃でした。

 

しかし今ならこの逸話も有効活用できます。そうです、フィリップモリス株を買えばいいのです。フィリップモリスが景気減速局面に強い理由、次の景気後退でも力を発揮できる理由がここに現れているわけです。

 

 ありがとうフィリップモリス

PM紅一点の逆行高

PMことフィリップモリスが紅一点の逆行高です。フィリップモリスって女の子だったっけ?と思ったそこのあなた。フィリップモリスちゃんは20世紀最高のパフォーマンスを叩き出したシーゲル銘柄一位の女の子です。

 

さて、そんなフィリップモリスちゃんですが、昨夜NYダウが1000ドル以上下げる中、1人気を吐く活躍を見せてくれました。

 

理由は決算でしょうか。私は英語の決算は読めないので、日本語のまとめが出るまで基本的に結果はわからないのですが、株価が上がっているのでまあ良かったのでしょう。通常の相場環境だったら多分7パーセント高とかですよ。これ。

 

おかげさまで私のポートフォリオは致命傷を逃れました。1月には配当金も入金されていましたから本当にフィリップモリスには助けられています。ありがとうフィリップモリス。昨日はJTの話しててごめんね。

JT

一瞬米国株ティッカーに見えますね笑

もちろん日本タバコのお話です。

 

JTの投資妙味が増してきています。決算失望売り、直近の暴落を受けて配当利回りが高まっているそうです。4.5パーセントを上回るとか。JTは日本企業には珍しく16年連続増配を誇り、株主優待効果もあわせるとおそるべき利回りになるようです。

 

次世代タバコ競争での大幅な出遅れ、プルーム・テックのタバコ税増税論議、日本企業と先行き悪材料も多いですが、チャンスにみえます。

 

私は米国株にしか投資しない主義ですが、TOPIXの犬、TOPIX10種に入るJTならば購入を検討してもいいのかなと思います。

 

なお追加資金はありません。

ダウ大暴落

昨夜ついに来ました。NYダウが大暴落しました。一時1500ドルを超える下げを見せました。この世の終わりですね。

 

 さて、こんな時我々米国株投資家はどうしたらいいのか?

 

答えは1つです。

 

全力買い出動。

 

これだけです。千載一遇の好機とみて突き進むべきでしょう。ここで突き進まなければ、圧倒的なリターンを得ることはできません。

 

とはいえ、まだ昨年11月の値段を下回っていないレベルなので、私はもう少し見ることになります。

XOM期待を裏切るクソ決算も売ってはいけない3つの理由

XOMことエクソンモービルの決算が昨夜発表されました。

 

まあ散々でした。

 

予想を裏切り、かなり売り込まれました。しかしこの程度で売ってはいけません。我がエクソンモービルは永遠に不滅です。

 

その理由を以下に3つあげます。

 

1.指数主導の下げ

まず、エクソンモービルに限らず昨夜はほぼ全ての銘柄が売り込まれました。事前に売り込まれていたヘルスケア関連やKO、PGは甘めの下げでしたが、その他多くの銘柄は3パーセント付近の下げでした。エクソンモービルは指数にちょっと連れ安しただけですね。

 

2.シェブロン

昨夜は同業のダウ銘柄シェブロンも決算でした。エクソンモービル同様に下げました。セクター的な問題で下げるならば気にする必要はないでしょう。

 

3.連続増配

色々言われても結局株価決定要因で最も大きいのは配当です。エクソンモービルは30年以上増配していますし、キャッシュフローも回復傾向ですから今後の増配も5年くらいは確実でしょう。増配が継続される限りホールドで良いのではないでしょうか?

 

長々とエクソンモービルを宣伝しましたが、今回の下落は1つのチャンスかもしれません。シーゲル教授のIBMとスタンダードオイルオブニュージャージーケーススタディを信じて、エクソンモービルを拾いませんか?

PFE期待に違わぬ好決算も、相場の荒波を受けて大暴落

PFEことファイザーが大暴落しました。3パーセント超の下げです。年初来の儲けはまだありますが、悲しいです。

 

そもそも昨日の決算は良かったです。期待通りの決算だったはずです。しかし、売られました。

 

昨日はダウ先物が昼間に下げていましたから覚悟はしていましたが、私は逆風にめげずに上がるファイザーを見たかったのです。

 

残念です。

 

でも今日からまた反転上昇してくれることを信じて鬼ホールドします!