S&P500最高値更新日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが米国株が最高値更新する様子、お金のことについて語るブログです

資産を築くことは子孫への責任

私の米国株投資のバイブル、敗者のゲームにこんな一節があります。

 

私たち個人投資家は必ず死ぬ運命にあるが、私たちのポートフォリオはそのことを知らないし、また気にも留めない。

 

つまり私たちの死後も株は稼ぎ続けますし、そのペースに変化はありません。子どもにも受け継がれますし、孫にも受け継がれます。

私は自分の子どもにサラリーマンをさせたいとは思っていません。なぜなら被搾取階級であり、非生産階級だからです。当然孫にもさせたくないですし、そのための資産を築くことが至上命題だと思っています。

みなさんは自分の子どもにサラリーマンをさせたいですか?雨の日も雪の日も台風の日も満員電車に圧殺され、サービス残業、休日出勤、年収は500万。そんな日々を過ごして欲しいですか?

 

子どもを大学に行かせるまで育てると、親としての務めを果たした、一人前にしたと思う人は多いです。しかしそれは間違っています。

それは子どもをサラリーマンにはめ込んだだけで、自分と同じ地獄の釜に放り込んだだけなのです。

世の中の親はそのことの罪深さに気づきませんし、子どもにもその思考を植え付けています。この昭和の人生すごろく的価値観は学校教育でも施されるので、子どもたちはもう立派な社畜です。なんの疑問も感じません。

 

こうなれば末代までサラリーマンです。

 

しかし私たちは投資家ですから、冒頭の一節に戻ります。

 

私たち個人投資家は必ず死ぬ運命にあるが、私たちのポートフォリオはそのことを知らないし、また気にも留めない。

 

私たちの死後も株は稼ぎ続けます。子どもたちの分も、孫の分も。つまり私たちの資産運用は自分の老後のためではなく、子や孫の生活のためでもあるわけです。自分の子どもにサラリーマンをさせたいかどうかはともかく、選択の自由すら与えられない親など、育児放棄に等しいでしょう。それにサラリーマンの繁殖率、再生産性、出生率の低下は深刻な問題になっていますから、資産を築くことができなければ、あなたの血脈はいずれ絶えます。マイホームで子どもと幸せな日々を過ごすなどという生ぬるい幻想は捨てて、子どもの成人後の人生にも責任を負う覚悟を決めてください。

 

長くなりましたがこれで終わります。