週刊SE日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが日々の雑感、お金のことについて語るブログです

眠れないビットコイン、寝てても儲かる米国株

米国株は寝てても儲かります。というよりむしろ寝ている方が良いです。

 

米国株で最もパフォーマンスが安定して高い投資手法はs&p500のバイアンドホールドということは非常に有名です。

 

買ったら値動きを見ないで、完全放置。給料自動引き落としで全力積立。これが最強みたいです。

 

最大の魅力は寝てても儲かること。バイアンドホールドは何もする必要がないですからね。

 

また運用可能規模が実質無限大なことも魅力です。金額が大きくなると流動性懸念が発生し、投資対象を振り分けなければなりませんが、s&p500に限ってそれはあり得ません。ETFの総本山、ブラックロックの運用額は実に500兆円です。

 

ビットコインボラティリティが大きくハラハラするので安眠の妨げになります。そしてこの先も自分が死ぬまで上がり続ける保証がないので、握力にも限界が来ます。怖くなって売ってしまう、いわゆる投売りリスクをはらんでいます。他方、米国株はまず間違いなく死ぬまで上がり続けます。安心して保有できるわけです。

 

長くなりましたが、結論は米国株をバイアンドホールドしようという事です。