週刊SE日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが日々の雑感、お金のことについて語るブログです

慣れについて

慣れとは恐ろしいものである。

 

 人間はどんな残念な環境にも適応してしまう。

 

例えば飛行機がわかりやすい。

エンジン音がうるさくて当初はとても耐えられないが、気づいたら眠っているのだ。恐ろしい。

 

社畜も同様。

大学生というぬるま湯からサラリーマンになると、あまりの自由のなさにおかしくなるが、そのうち何も感じなくなってしまう。

 

生物の本能によって労働者になっているのである。不幸を感じなくなるとか、全くとんでもないDNAである。