週刊SE日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが日々の雑感、お金のことについて語るブログです

ナイスガソリン!

人気絶頂の女優にこんな言葉を言わせちゃってる会社があります。ちょっと信じられません。ガソリンはナイスではありません。EVを進めてください。さもなくばテスラに淘汰されてください。 東京の排気ガスすごいですよね。飛行機に乗り羽田上空から見下ろすと…

今週末は試金石

今週末はFOMCとSQですね。先週末一波乱ありましたから、今週末も引き続き注視していきたいです。ヒンデンブルクオーメン点灯下で利上げが取り沙汰されるFOMC開催。さらにはトランプ大統領問題にカタール問題、北朝鮮も何か放ってくるでしょうか? とにかく悪…

株が下がってお腹が痛い

金曜にナスダック崩れましたね。当然大損です。ヒンデンブルクオーメン点灯してましたし、そのせいでしょうか。次はダウか、それともリバルのか? そんなことばかり考えていたらお腹が痛くなりました。辛いですね。この時期は特にキツイです。はぁ。仕事がな…

元本割れについて

元本割れしないことを尊ぶ風潮が世の中にはあります。代表格は定期預金。元本割れしないのみならず、銀行が破綻しても1000万円まで保証されます。すごいですね。祖父母は大好き、両親も大好きです。なんなら親類縁者一同皆好きです。 しかし預金は本当に元本…

米国株の配当利回り高杉

晋作です。 米国株の配当利回りが恐ろしいですね。たまに5パーセント超えがいます。期待先行未来志向株主還元大好きの米国株らしく、旧来型配当重視企業の株価は割安放置されています。本当に配当利回り良すぎです。 ヘルスケア、消費財系が特に強いです。銘…

シェールガスとメタンハイドレート

ちょっと前にシェールガスが話題になってましたね。原油価格の低下に伴い採算割れが続いていますが、その存在がクローズアップされたときの衝撃は凄まじかったです。何しろ再びアメリカが産油国になるわけですから。 しかし日本ではシェールガスのような案件…

新聞配達に若者を拘束するのはやめろ

新聞配達ほど不毛なことはないですね。タブレット端末で同一の情報を即時配送できるにも関わらず、時代についていけない中高年に情報を届けるためだけに未だに一軒一軒配送している。 適当にググりましたが、 http://www.pressnet.or.jp/data/employment/emp…

自社株買いは評価できないね

自社株買いがここ数年流行っている。 理由は簡単。 1.株主要求が強くなったから。 2.キャッシュが余っているから。 3.低金利状態では社債発行したり借入した金利が配当より安くなるから。 従業員から収奪した大量の生産者余剰は、こうして資本家に還流してい…

みんな巨乳が好き

巨乳の記事は伸びるようです。みなさんやはりおっぱいがお好きなんですね。 なぜ人は巨乳の魅力に取り憑かれてしまうのでしょうか? 巨乳の魅力を考えてみたいと思います。 1.手触り 2.色々な可能性が広がる 3.ステータス性、わかりやすいシンボル 特に3が大…

若い巨乳を占有している

以前にも書いたが、私は若い巨乳を占有している。ルックスもまあまあ。 それがどれほどの価値なのか計算してみた。 F1層の女性の中で、若い=25歳以下とすると、まず単純に3分の1である。 ルックスもまあまあなので、偏差値55くらいとみて、同世代の上位4割…

週休二日制について

1週間のうち土日の2日しか休みがないってひどいですよね。 半分以上働かされる。 働かないと死ぬ。 恐ろしい世の中です。 人間を何だと思っているのでしょうか。 サピエンス全史読みましたが、重要な指摘がありました。 農業革命や産業革命、IT革命に伴い我…

上司が無能になる理由

ピーターの法則はご存知だろうか? https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ピーターの法則 ざっくりと解釈するとこれは人間は無能になるまで出世するというものだ。 有能の評価を受けると出世させるが、有能の評価を受けられなくなるまで出世するので、ある地点で…

ビットコインは現代のゴールドラッシュなのか

米国株に加えビットコインも強いですね。これはひょっとすると世界最強通貨決定戦なのかもしれません。どちらがより高みを目指すのか? 最近のビットコインのレートは明らかに投機的水準ではあるものの、大企業の取扱が増えつつあり、新時代の通貨としての評…

真面目に働くということ2

真面目に働くことについて、再び考えてみたい。 真面目に働く人間は時折、自己成長を真面目に働く理由に挙げる。 しかしこれは間違っている。 彼らの指す自己成長とは会社の中での成長を指す。往々にして自社スキルばかりが身についており、転職価値は大した…

トランプ大統領弾劾は買材料

今週トランプ大統領弾劾説が浮上しました。圧倒的な黒い噂です。ロシアとの関係はまずいですね。しかし仮に弾劾になるのであれば買材料です。 恐らく株価の動きとしては弾劾が取り沙汰されるに従い不安定になるも、弾劾決定で上昇する動きでしょう。噂で売っ…

箸で茶碗の米粒を拾う日本人

箸で茶碗の米粒を拾う日本人、フォークで塊肉を頬張るアメリカ人 今日は食文化を絡めた経済の話です。食事の時間は、生産できないので出来るだけ短いほうが良いのですが、食事の速度、単位カロリー摂取時間について考えてみたいと思います。速さという文脈で…

真面目に働くということ

真面目に働くということの意味を考えたい。ここではサラリーマンが真面目に働くものとする。 どんなことが起きるか。 まず第1に生産性が向上し、生産余剰が拡大する。株主利益の増大である。 第2に真面目に働く人間が評価され、賃金が上昇する。ただし生産性…

利上げまで米国株は強いはず

米国株強いです。VIX指数も20年ぶり低水準とか。無敵です。 世界中の富が米国株に流れこみ、再び富を生み出しているのです。米国のテック業界は資本主義最後のフロンティアなのでしょう。ナスダック最強です。 さてタイトルにもある通り6月利上げの話です。…

連休の終わりは人生の終わりのよう

9連休が終わります。まるで人生の終わりのような気分になりますね。辛いです。不条理な労働搾取から早く脱却したいですね。 しかし1つだけ良いことがあります。明日からまたマーケットが開きます。つまり私の持ち株がまた値上がりしていくということです。…

こうしている間にも米国株は上がる

GWですね。さすがにようやく5連休という人も多いのではないでしょうか。日本では祝日なのでマーケットが閉じています。しかし米国は平日なので我らが米国株は元気に最高値を更新していました。また差が開いていますね。 円安基調かつ地政学リスク後退により…

面倒くさがっていると一生搾取される

何でもかんでも面倒くさがっていると、一生搾取される。 こんな言葉がドラゴン桜の最初に出てきます。とても良い言葉ですね。 親の勧めるままに良い大学に入り、就活し、貯蓄に励み、マイホームを購入し、退職金は投資信託にあて、老人ホームに行き、葬式を…

サラリーマンとはモノポリーで何も買わずにグルグル回る人

絶対負けますよね笑 せっせと周回して稼ぎ出したお金は、土地に止まるたびにレンタル料を徴収されます。うまいこと収支がプラスになった時もその次の周回ででかいレンタル料を払わされたりします。家とか車とか保険の類ですね。 ここまではリッチマンプアマ…

働かないけどお金増えてます

米国株がまた上がりました。 好調な決算を反映し爆上げを続けています。どんだけ強いんだよ… 私は9連休中なのですが、お金が働いてくれているおかげでゴリゴリ資産が増えています。不労所得で暮らす投資家の気分を味わっています。正直真面目に働くのが馬鹿…

9連休だけど特別なことは何もしない

一昨年から9連休です。世の中の上位2割くらいの身分のようですね。ありがたいことです。 しかし私の感覚としてはこれは当然であり、労働力の再生産に必要不可欠なものという解釈です。 欧州にはバカンスがあるのに日本には〜といったくだらない言説を述べる…

ルペン勝ちそう

ルペンさん勝ちそうです。 イケメンボンボンで余裕ぶっこいてたマクロンくんを尻目に、彼女地道に努力して票を伸ばしています。 界隈ではまだマクロン勝てるという予想が強いのでしょうが、ブレクジット、トランプの流れからすると完全にルペン勝ちそうです…

またまた米国株の話

相変わらず米国株強いですね。 五千ドル追加投入しました。 ルペンが勝ったらどうしましょうか笑 ちなみに手数料が米国株の問題点です。大金をまとめて投じて、手数料を押し下げようとはしているのですが… 最低5ドルかかります。てんやの天丼が食べられます…

また米国株の話

米国株が強いです。 資産ポートフォリオの4分の1程度のポジションしかないのですが、大活躍しています。 日本はどう考えてもダメな国なので、もう日本株は捨てて米国株に完全シフトしようかと思っています。 米国株最高です。

結婚について

最近彼女が結婚に前のめりである。いよいよその時も近いと感じている。近いと感じつつ、結婚により生じる変化を考えている真っ最中である。 結婚に際してメリットとデメリットを考えたので、それぞれ挙げておく。 メリット ・経済的安定性→収入が2本柱になる…

はだしははだかよりエロい

裸足ってエロくないですか? 正直裸より好きです。 靴下がないのがいいんですね。 見えざる美学のような。 裸に期待をさせられる感じ。 ちなみに靴下が短いほど、スカート丈も短く見えるらしいです。 つまり、はだしってはだかなんです。 最強のエロティシズ…

フレクジット

フランスの大統領選挙がいよいよ佳境ですね。ブルームバーグにも記事が出ていましたが、大混戦のようです。 日本のテレビではほとんど報じられておらず、日本の大衆の暗愚さが気がかりです。 さて、今回フレクジットは起きるのでしょうか。私はまた起きると…