週刊SE日記

東証一部上場企業勤務の若手SEが日々の雑感、お金のことについて語るブログです

シスコシステムズ決算は大勝利

シスコシステムズの決算が発表されました。 内容は最高に良かったです。 詳細は省きますが、株価は時間外で5パーセント上昇しています。 今期の決算はこれで終わりですが、とてもうまくいきました。

シスコシステムズ決算へ

本日通常取引終了後、満を持してシスコシステムズが決算発表です! 昨夜は謎の上げを発動し、投資家に期待を持たせてきました。今夜はどうでしょうか。 今期の決算は連戦連勝なので、ここは主砲の一振りで試合を決めて欲しいです。ダメ押しなるか?!

トルコリラありがとう

トルコリラありがとう。絶好の買い場到来です! 近頃トルコリラが大暴落しています。FX界隈ではロスカット退場者続出、新小岩の流れになっているようです。しかし完全に対岸の火事です。むしろありがとうと言いたい。それはなぜか? このところ最高値更新が…

資産を築くことは子孫への責任

私の米国株投資のバイブル、敗者のゲームにこんな一節があります。 私たち個人投資家は必ず死ぬ運命にあるが、私たちのポートフォリオはそのことを知らないし、また気にも留めない。 つまり私たちの死後も株は稼ぎ続けますし、そのペースに変化はありません…

円建S&P500連日の高値更新

円建S&P500こと、証券コード1557が絶好調です。連日の最高値更新に沸き、ついに32000円を捉えようかという状態です。 この高値更新は円安由来というよりむしろ本家S&P500の好調に起因しているようで、私の小遣いが蓄積している楽天VTIも絶好調です。 個別銘…

サラリーマン投資家にとっての最適解は何か?

米国株投資の世界には、三種類の勢力がいます。 今をときめくグロース派。シーゲル流、バフェット流を標榜するバリュー派。そして、ランダムウォーカー、敗者のゲームを聖書とするインデックス派。 この中でリターンを最大化できるのはどれかという論争が日…

ファイザー決算発表後に急騰

ファイザーの決算が昨日発表されたようです。 ファイザーの運用額は私の資産の5パーセント程度だったので、あまり興味がなかったです。しかし好決算は嬉しいですね。3パーセントほど株価は上昇しています。 ファイザーは2018年版ダウの犬PPPです。配当利回り…

エクソンモービル決算後急落

保有銘柄の一角であるエクソンモービルの決算が発表されました。結果は散々なものでした。 3パーセント近く売り込まれ、がっつり下げています。フィリップ・モリスなんかは急落後に急回復し、逆に上昇基調になりましたが、今度はどうでしょうか… いずれにせ…

フィリップモリス決算レビュー

フィリップモリスの決算が木曜日に発表になっていましたね。予想を上回る増益ながら、かなり売り抜かれました。その後反転攻勢に転じ、昨日は大きな上げを見せました。ほぼ決算前後で株価の変わらない展開となりました。 決算の中身ですが、かねてから問題に…

IBMも決算を無事通過し、いよいよ本丸フィリップモリス登場

昨晩はお待ちかねのIBMの決算発表でした。ほとんど期待していませんでしたが、予想を上回る決算を出してきたので、正直驚いています。マーケットにとってもポジティブサプライズだったようで、プレマーケットでもかなり上げているようです。 ジョンソンエン…

ジョンソンエンドジョンソンは決算を無事通過

昨夜はジョンソンエンドジョンソンの第二四半期決算でした。観測記事でも祈ってましたが、どうやら無事通過してくれたようです。ありがとう。 増収増益予想をしっかり捉えたことで株価も上昇しています。配当を加味すると、ようやくトントンになってくれまし…

ジョンソンエンドジョンソン決算へ

いよいよ本日BMOジョンソンエンドジョンソンの第二四半期決算が発表されます。 前回の決算時期より、決算観測記事をアップしてますが、アップする銘柄は全敗中という稀に見るひどい状況です。 IBMあたりはまた負けると思って期待していませんが、逆にJNJには…

円建てS&P500が再び最高値を試す

円建てS&P500こと1557が最高値近辺に高まってきました。昨日時点であと1%です。今日の城中には高値更新もあるかもしれません。 さて、私も楽天VTIの形式で間接的ではあるもののホルダーと言って差し支えないです。実際私の方でもかなりの含み益が出ており、…

決算シーズン到来!

昨日はペプシコの決算があったようですね。いよいよ決算シーズン本格化です。第二四半期はどうでしょうか。 前回の決算は非常に振るわず、もう決算発表やめて!って感じでした。今回はその反動に淡い期待をしています。きっと保有銘柄たちはその淡い期待に応…

夏ボーナス3

昨夜のNYダウは久々の大幅反発でした。貿易戦争がアメリカの一方的な勝利になっていること、雇用統計の結果、直近の割安感が冷静に拾われた材料でしょうか。 さて、いよいよ夏のボーナス到来です。当然昨夏よりも、昨冬よりも、多いボーナスが支給されたわけ…

サラリーマンの手取りは減ります。

6月末に公開された自社の有価証券報告書を読みました。毎年チェックしているのですが、やはり最大の関心事は平均年収。毎年定額で上昇しているので、わかりきった結果ですが、やはりそれほど大きくは伸びていないご様子。結果としては3%ほどの伸びでした。 …

夏ボーナス2

夏ボーナスの投資先を探しています。なかなか決定打が見つかりません。いま頭にあるのは、フィリップ・モリス、アルトリア、コカコーラ、JT、スターバックスです。 嗜好品ばかりですね笑 コカコーラはダウの犬だからという明確な理由があります。スターバッ…

夏ボーナス

昨日のNYダウは大きく下げました。中間選挙通過までずっとこんな感じの展開かもしれません。なかなかきついです。私の資産も含み損が最大化しています。 さて、夏のボーナスを受け取った方も多いでしょうが、ここは即投入するべきかという禅問答の季節です。…

人生で大切なもの

サッカーワールドカップで日本が勝ちましたね。なんとコロンビアに勝利です。歴史的偉業ですね。さてこの歴史的偉業の最中、僕たちのニューヨークダウが大暴落中です。 ふと振り返ると、なんと2万4500ドルの防衛ラインを割っています。はっきり言って息して…

金曜日のスーパーが安い

金曜日のスーパーは惣菜がとても安いです。かなり早めに半額になります。世間一般のサラリーマンが飲みに行くせいでしょうか。飲みに行かない私はとてもいい気分で買い物ができました。軒並み半額でした。 有名な相場格言に、人の行く裏に道あり花の道という…

円建S&P500年初来高値更新!

円建S&P500こと1557、SPDR S&Pがついに年初来高値を更新しました。景気いいですね。上場来高値も似たようなものだったのでそのうち超えてくるでしょう。最強ですね。 さて円建S&P500が年初来高値を更新したということはおそらく私の楽天VTIも絶好調でしょう…

フィリップ・モリス増配してるやんけ!

フィリップ・モリスことPMが増配を発表した模様です。チェックしてみると7セント四半期配当が増えています。いつ発表したんでしょうか、昨日まで気づきませんでした。 例年通り9月から増配と思っていたので、私にとってポジティブサプライズです。増配のタイ…

インデックス投資は壮大なねずみ講

今回はインデックス投資への挑戦です。ディスります。 先日敗者のゲームを持ち上げる記事を上梓いたしました。今回は逆にインデックス投資を否定することに挑戦してみようと思います。 まず最初に、タイトルにある通り、インデックス投資はねずみ講的な側面…

カラオケ屋閉店するならVR屋さんにすればいいじゃない

シダックスカラオケ撤退のニュースが先日ありましたね。カラオケがシダックスのサブ事業になっていたとは知りませんでした。WOWOWが人工衛星で稼ぐ防衛銘柄みたいな話でした。さて、そんなシダックスのカラオケ事業ですが、VR事業に切り替えるのはどうかとい…

希少性のある労働という幻想

労働者の市場価値を考えるとき、そのスキルの希少性が問われます。昨今のIT市場ではAIやビッグデータ関連のスキルに高い値段がつきますね。 さてこの希少性についてですが、本当のところどうなんでしょうか。話はサッカーの移籍市場に移ります。 欧州リーグ…

敗者のゲームは人生の指南書

インデックス投資必読の書としてウォール街のランダムウォーカーが挙げられます。しかし私はあえて敗者のゲームを推したい。 インデックス投資界隈の聖書がランダムウォーカーなら、敗者のゲームはコーランです。 意味がわかりませんね。解説します。 まず敗…

労働から解放されるには

皆さんは月曜日辛いですか? 私は辛いです。 月曜日は午後から学校とか会社が始まるようにすればいいのに。いつも思っています。 しかし月曜日が辛いのも労働者だからです。 株主の立場になるととても気持ちいいものです。自分が休みの日にマーケットが開い…

専業主婦にとっての旦那は高配当連続増配株

またセンセーショナルな記事を書いてしまいました。本日は専業主婦についての考察です。ディスります。 世の男性をATMと揶揄する風潮が世の中にはあります。旦那がATMで妻は専業主婦で働いていない。こういった構図のことです。しかしこれは間違っています。…

シスコシステムズ決算発表後時間外で急落!

シスコシステムズが決算を発表しました。私としてはかなり期待していましたが、ダメでした。 まず内容は悪くなかったです。目標は概ね捉えており、下げたのは期待が高すぎただけでした。ポジティブサプライズが不足していただけという印象。 時間外では4パー…

名作が英雄を英雄たらしめる

今日は突然の歴史ネタです。 英雄についての考察です。英雄に必要な条件として、のちに名作が作られる必要があるのではないかと。 卑弥呼の魏志倭人伝、龍馬が行く、国取り物語、三国志演義、シェイクスピアのジュリアスシーザー。 古今東西、必ずといってい…